今も日本各地に残る城。そこには高い石垣が築かれています。

この石垣を築いたのが滋賀県大津市坂本に拠点を持つ「穴太衆(あのうしゅう)」という石積みの職人集団です。

坂本には「穴太(あのう)」という土地があり、ここに住んでいた石積み職人が安土城をはじめとする全国各地の城の石垣を手がけたと言われています。

スポンサーリンク



穴太衆のルーツ

穴太衆は滋賀県大津市坂本穴太に住んでいました。

古くは古墳の建築にも携わったそうです。この地域には渡来人が多く住み、海外から石工の技術が伝わったのではないかと考えられています。「穴太古墳群」は海外(中国大陸)でみられる様式で、しかもその後の穴太積とよく似た構造になっています。

穴太積みの高い技術

大津市坂本は比叡山のふもとで多くの寺院や里坊があります。そこで穴太衆はこれら寺院の石工を行っていました。

今も坂本の街には穴太積と呼ばれる美しい石垣が残されています。ここに普通に人々が暮らしています。

坂本の街 穴太衆

大通りだけでなく路地の中も美しい石垣が続きます。

坂本の石積み 穴太衆

また、明智光秀の菩提寺である西教寺も寺院でありながら、まるで城郭のような高い石垣が組まれています。これも穴太衆が手がけたものです。

西教寺の石垣(穴太衆)

こちらも西教寺です。

西教寺の石垣(穴太衆)

▼▼関連記事▼▼
明智光秀ゆかりの寺院・西教寺の見どころは?穴太衆の石積みも必見!

穴太衆が築く石垣は「穴太積」「野面積(のずらづみ)」と呼ばれます。大きな自然石を運んで、崩れないようにしっかりと組んでいきます。

スポンサーリンク



信長が築いた安土城も穴太衆が石垣を設置

滋賀県近江八幡市安土町には「安土城跡」があります。

安土城は小田信長が築いた城で、当時としては珍しい大きな天守(安土城では天主と書く)を持ち、豪華なつくりになっています。

この安土城の石垣を築いたのも穴太衆です。

安土城の石垣(穴太衆)

▼▼関連記事▼▼
織田信長の安土城~現在の姿は?安土城跡の様子と見どころ

比叡山焼き討ちで穴太衆の存在を知った信長

信長が安土城築城の際に穴太衆を招いた背景には、比叡山の焼き討ちがあります。

1571年、信長は家臣たちに比叡山焼き討ちを命じます。僧侶や僧兵だけでなく修行中の小僧さんや女性、子どもまで情け容赦なく手にかけ、あらゆる建物は焼失しました。その被害は比叡山だけでなくふもとの坂本の街まで及びます。

それだけでなく信長は比叡山の僧侶たちが再興しないために焼け残った石垣をさらに壊すように命じました。ところが比叡山や坂本の街の石垣はなにをやっても壊れない。

それを知った信長は、石垣職人に注目し、1576年の安土城築城の際に呼び寄せたということです。

安土城築城によって穴太衆は知名度UP

安土城のように石垣を高く積んで、その上に天守を置くという形はその後の日本の城の基本形となりました。

安土城を手がけた穴太衆の名前は一気に全国区へと広がり、全国各地の多くの城で穴太衆が活躍しました。姫路城や大坂城、名古屋城、江戸城も穴太衆が石垣の設置を行っています。

滋賀県彦根市にある彦根城の石垣も穴太衆の手によるものです。

彦根城

穴太衆が積んだ石垣のことを「穴太積」と呼びます。

彦根城の天守閣前に立つひこにゃん。石垣の1つ1つの石の大きさがよくわかりますね。
彦根城 ひこにゃん

江戸城の石垣も穴太衆が手がける

江戸城築城の際にも普請(ふしん)役として「穴太頭(あのうかしら)」を設け、滋賀県大津市在住の職人が「穴太頭」として活躍しました。

安土城の跡は石段や石垣の一部が残るだけですが、さすがに穴太衆が手がけただけあって堅牢な石垣です。安土城跡に行くと見ることができますよ。

安土城の石垣(穴太衆)

また、坂本の街や西教寺でも穴太衆の石垣が見られます。

坂本の石積み(穴太衆)

ぜひ現地でご覧ください。

穴太衆の末裔は今も健在

穴太衆の末裔の方が今も滋賀県大津市坂本で石垣や石積み工事をされています。「(株)粟田建設」という会社を経営され、護岸工事やトンネルの防護壁などの工事を請け負っておられるのだとか。

会長の粟田純司さんは「現代の名工」に選ばれ、平成17年には「黄綬褒章受章」を受賞されています。

現代では城作りや寺院建築はありませんが、熊本地震で被害を受けた熊本城の被害調査や修繕にも尽力されています。

穴太衆の高い技術力で日本の城の保全や保護、そして護岸工事などにも活躍してほしいですね。

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク