近江八景

近江八景

近江八景のひとつ浮御堂(うきみどう)~琵琶湖に浮かぶお堂の見どころ

近江八景のひとつ「浮御堂」は滋賀県大津市堅田にある寺院です。琵琶湖に突き出るように建てられたお堂には千体もの阿弥陀仏が奉安されています。浮御堂について詳しくご説明しています。
近江八景

近江八景「瀬田の唐橋」は「急がば回れ」の語源だった!

近江八景のひとつ「瀬田の夕照」として浮世絵にも描かれ、日本三名橋に指定されている瀬田の唐橋は「急がば回れ」のことわざの語源になっています。瀬田の唐橋について紹介しています。
近江八景

浮御堂(滋賀県大津市)近く【嶋屋のいちご大福】は大きないちごで食べ応えあり

浮御堂(滋賀県大津市)近く【嶋屋のいちご大福】は大きないちごで食べ応えがあり、おみやげにぴったりです。くわしくご紹介します。
近江八景

近江八景「比良(ひら)の暮雪(ぼせつ)」となぎさ公園の菜の花が美しい!

近江八景のひとつ「比良の暮雪」は比良山系に降る雪の景色のことで、「暮雪」は夕方に降る雪を指します。比良山系の雪と菜の花の黄色のコントラストが美しいなぎさ公園をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました