信楽町にある「かまーとの森」は信楽焼きのギャラリー・販売とレストラン・カフェを兼ねたステキなお店です。

もともとは信楽焼きを作る窯元でした。その窯の跡地(窯あと)を改造して作られたのが、このお店です。

「窯あと」と「アート」を掛け合わせてこの店名ができたのだとか。

ランチメニューもカフェもおいしく、オリジナルの信楽焼きの作品を見るのも楽しいです。

ただ、行き方がわかりにくいので、写真付きでご説明します。

信楽町・かまーとの森への行き方

信楽駅から歩いて行くにはかなり遠いので、車かタクシーがおすすめです

かまーとの森の住所

かまーとの森の住所はこちらです。

滋賀県甲賀市信楽町長野1361-4

地図

電話番号:0748-60-8539
営業時間:10:00~17:00(季節によって異なります)
定休日:火曜日(季節によって変わる場合があります)

かまーとの森への行き方

水口方面から行く場合は、国道307号線を走り、信楽消防署や信楽図書館が左側に見えたら、もう少し走ります。

右手にたぬきタクシーの看板が見えたら、すぐに谷川橋があるのでそこを右折します。

谷川にかかる小さな橋を過ぎたら右に曲がります。

これが県道12号線です。

反対側(宇治方面)から行く場合は国道307号線を走り、信楽駅を通り過ぎます。信楽消防署に行くまでの、谷川橋のところを左折します。これが県道12号線です。

県道12号線は少しくねくねと曲がっていますが、道なりに進むます。

すると「かまーとの森」「(株)加陶器」右折500mという看板が出ています。この看板を右折します。

同じ場所の道路をはさんで反対側に谷川会館のバス停があり、曲がったところには谷川会館があります。

谷川会館があります。

谷川会館の前を過ぎると小さな橋を渡り、すぐに左折します。

そのまま、まっすぐ行くと「かまーとの森 300m」という看板が見えます。

さらに進むと、「加陶 工場」右矢印、「かまーとの森」左矢印の看板があるので、その看板通りに進みます。

加陶の工場が見えます。そのまままっすぐに進みます。

すると「かまーとの森 右折(徐行)」という看板が見えるので、そこを右折して入っていくと駐車場が出てきます。

レンガ敷きの駐車場があります。

かまーとの森の店内までの道

車を止めてから店内までは少し歩きます。

窯元の「トンネル窯」の跡地なので、長さが80mほどあるそうです。通路の両側には焼物があるので、見ながら歩いて行くとすぐに着きますよ。

店内までは段差があるので車イスは難しい

店の玄関まではこのようにゆるやかな階段(石段?)を下りていきます。


(通路を下から見たところ)

スロープがないので、車イスの方は難しいかも知れません。

事前にお店に電話して行けるかどうか確認されるといいですね。

冬は積雪や凍結に注意

信楽は冬はかなり冷え込みます。

雪や路面の凍結などがあるので、くれぐれもご注意ください。

これも事前に確認されると安心です。

では、気をつけて行ってきてくださいね~

>>かまーとの森のランチとカフェの様子はこちら
>>かまーとの森の店内の様子はこちら

スポンサーリンク