【NHK大河ドラマ麒麟がくる】明智光秀ゆかりのスポット7選

明智光秀 明智光秀

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主役・明智光秀は織田信長に仕えていたころ、滋賀県大津市にある坂本城を築きました。織田信長の居城である安土城をはじめ、滋賀県内には明智光秀ゆかりの場所がたくさんあります。

それぞれに見どころがいっぱいです。

この記事から各スポットの紹介ページにリンクしているので、気になる場所があればぜひ見てみてくださいね。

スポンサーリンク



明智光秀の菩提寺・西教寺

西教寺

滋賀県大津市坂本にある西教寺(さいきょうじ)は明智家の菩提寺で、光秀の妻・煕子の墓や光秀や家臣の供養塔などがあります。

また、唐門には麒麟の像が彫られています。

寺を守る猿や穴太積みと呼ばれる美しい石積み、紅葉など見どころがいっぱいです。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀ゆかりの西教寺(滋賀県大津市)とは?まとめ

織田信長が築いた豪華絢爛な安土城

安土城

越前の朝倉義景を頼った光秀は、その後足利義昭に仕え、義昭の上洛に随行します。そのころから光秀は織田信長にも仕えるようになり、義昭が失脚すると信長の重臣として活躍しました。

信長が築いた安土城で光秀も重臣として任務を行っていたのです。

ルイス・フロイトは安土城のことを、著書である『日本史』に「天守は七重で構成されていて、色彩豊かな絵画が描かれている」などとその壮大さを記しています。

しかし、本能寺の変の後、焼失しました。その原因には諸説あり、はっきりしたことはわかっていません。現在は城址が残るだけです。

▼▼関連記事▼▼
織田信長の安土城~現在の姿は?安土城跡の様子と見どころ

明智光秀が築いた坂本城~琵琶湖岸の城址公園

坂本城址公園

信長の命令で比叡山延暦寺の焼き討ちを行った光秀は滋賀県大津市の坂本を治めることになり、琵琶湖岸に坂本城を築きます。

延暦寺を監視することが大きな目的ですが、それだけでなく琵琶湖の水運も管理するためでした。当時の輸送は琵琶湖や河川の水運が中心だったため、水運の管理も重要な任務だったのです。

戦国時代の城は山城が中心でしたが、あえて琵琶湖に面した場所に城を築いたのは水運を管理する目的もあったと考えられます。
坂本城のあった場所は現在は坂本城址公園になっています。城の石垣は湖底にあり、渇水で水面が下がったときにその様子が見られたということです。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀が建てた坂本城の現在の様子は?滋賀県大津市の坂本城址公園

明智光秀は滋賀県出身だったかも!

明智十兵衛屋敷跡

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光秀は美濃(岐阜県)で生まれたとなっています。光秀の父が美濃の土岐氏に仕えていたことから美濃出身ということになっていますが、はっきりしたことはわかっていません。

岐阜県でも美濃ではなく可児市という説や瑞浪市という説もありますが、滋賀県犬上郡多賀町という説もあります。
特に滋賀県犬上郡多賀町の説は、近年それを証明する資料が見つかったということで注目を集めています。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀の出身地は美濃ではなく滋賀県多賀町だった!?十兵衛屋敷跡地の様子

スポンサーリンク



大河ドラマ「麒麟がくる」展~3会場の様子

麒麟がくるドラマ展

大河ドラマ「麒麟がくる」の展示が滋賀県大津市内の3会場で開催されています。

  • 大津市・西教寺(禅明坊)(※)
  • 大津市・滋賀院門跡
  • 大津市歴史博物館

(※:西教寺は禅明坊(ぜんみょうぼう)と西教寺内の資料室の2ヶ所で開催、それぞれに料金がかかります)

西教寺の禅明坊ではドラマの衣装や小道具、光秀の歴史などのパネル展示が、西教寺内の資料室では光秀直筆の書状など貴重な品が展示されています。

また、滋賀院門跡は徳川3代のブレーンとして活躍した天海大僧正ゆかりの寺院ですが、天海は光秀または秀満ではないかという説があります。

大津市歴史博物館には光秀が使ったとされる陣太鼓や左馬之助湖水渡りの絵、光秀に関する資料が多く展示されています。

▼▼関連記事▼▼
NHK「麒麟がくる」大河ドラマ展(光秀大博覧会)西教寺の内容と様子

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(明智光秀大博覧会)滋賀院門跡の様子

麒麟がくるの資料も満載!「明智光秀と戦国時代の大津」(大津市歴史博物館)の様子

明智家の首塚がある東南寺

光秀が治めていた坂本の地は光秀の死後、羽柴秀吉が襲ったことで坂本の戦いの場となり多くの人が逃げまどいました。
その戦いの被害となった人々の供養塔が坂本の東南寺にあります。

いくつもの像が並び、首塚と呼ばれています。

東南寺のすぐ近くには「坂本城の跡」の碑があり、このあたりが坂本城の城下であることがわかります。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀ゆかりの寺院【東南寺】坂本城の戦いの供養塔(首塚)があるお寺

信長の家臣・森可成の墓がある聖衆来迎寺

信長による比叡山延暦寺の焼き討ちは坂本の町にも及び、多くの寺院が焼き払われました。
そんな中、被害を免れたのが聖衆来迎寺(せいしゅらいこうじ)です。

ここには信長の家臣だった森可成の墓があります。そのため、焼かれなかったとのことです。

▼▼関連記事▼▼
聖衆来迎寺が比叡山の焼き討ちから逃れたのは森可成のおかげ!?

滋賀県(近江の国)は戦国時代の舞台で、「近江を制する者は天下を制する」と呼ばれたほどです。それだけに戦国大名にゆかりの土地や史跡がたくさんあります。

今回はNHK大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんで明智光秀ゆかりのスポットをまとめてご紹介させていただきましたが、他にも見どころがたくさんあります。

ぜひゆっくり回ってみてください。

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました