明智光秀ゆかりの西教寺(滋賀県大津市)とはどんなお寺?

西教寺正門 大津 西教寺

滋賀県大津市にある西教寺は明智光秀の菩提寺で、光秀の妻・煕子の墓や明智一族の供養塔などがあります。2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の撮影に先駆けて主役の明智光秀を演じる長谷川博己さんが墓参に来られました。

この西教寺はどのような寺院なのか、詳しくご紹介します。


スポンサーリンク



西教寺の正式名称

西教寺の正式名称は「天台真盛宗総本山 戒光山兼法勝西教寺 (てんだいしんせいしゅうそうほんざん かいこうさんけんほっしょうさいきょうじ)」と言います。

長い名前ですね。この正式名称を口にする人は少なく、ほとんどの人が「西教寺」と呼んでいると思いますよ。

西教寺の由来

西教寺の創設は古く、聖徳太子が開祖だと言われています。比叡山に近く、比叡山の僧侶ともゆかりがあります。
平安時代には比叡山の僧・元三大師(良源)が草案を建て、さらにその弟子の恵心僧都(源信)が伽藍を整えたという歴史があります。

ただ、その後鎌倉時代には廃れてしまいますが、室町時代に真盛が比叡山で修行を積んだのちに西教寺の復興に力を入れました。

真盛は天台真盛宗を興し、布教に努めました。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀ゆかりの寺院・西教寺を開いたのは誰?開祖と歴史をご紹介

西教寺と明智光秀

西教寺と言えば「明智家の菩提寺」として有名です。

その背景は光秀が坂本など志賀地域を納めていたことにあります。志賀地方にある堅田城の戦いで家臣を亡くした光秀は坂本の西教寺に供養米を納めて供養を頼みました。

その後、光秀は織田信長から比叡山焼き討ちを命じられ、中心になって働きます。

比叡山焼き討ちの後、比叡山の僧を監視するために琵琶湖畔に坂本城を建てます。そして、戦火に焼かれた坂本の街の復興に尽力しました。
特に西教寺の復興には力を入れており、地元では人望が厚かったと言われています。光秀は妻・煕子(ひろこ)を亡くしたとき、西教寺に墓を建て、葬儀にも出席しました。

本能寺の変の後、明智一族の供養塔が建てられ、今も大切にお祀りされています。

▼▼関連記事▼▼
西教寺(滋賀県大津市坂本)にある明智光秀一族の墓をご紹介

スポンサーリンク



西教寺の猿

西教寺の建物の屋根には何体もの猿の像があります。

本堂の屋根はもちろんのこと、参道にある子院の屋根にも乗っています。
西教寺の猿は「護猿(ござる)」と言って人々を守る存在と言われています。

また、本堂には手がまっ白の猿の像があります。

▼▼関連記事▼▼
西教寺(滋賀県大津市)の猿~護猿(ござる)をご紹介

西教寺と麒麟

明智光秀を主人公に描いたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(2020年放映)にある「麒麟」は架空の動物ですが、中国の古典「礼記(らいき)」に登場します。

「礼記」では王が仁や徳のある政治をしたときに麒麟という聖獣が現れると記されているそうです。

従来なら主君を暗殺した悪者というイメージが強い明智光秀ですが、あえて「麒麟がくる」というタイトルをつけて治世を行ったことを予測させているのかも知れません。

実際、光秀は治めた土地の各地で「善政をした人」「地元のために尽くした人」として人々から慕われています。

西教寺には麒麟の像があるんですよ。

▼▼関連記事▼▼
西教寺(滋賀県大津市坂本)にある「麒麟(きりん)」の像とは?

西教寺の見どころ

西教寺はそれほど大きな寺院ではありませんが、天台真盛宗の総本山で全国に400以上の末寺があります。

西教寺は紅葉が美しく、シーズン中はライトアップが行われます。
また、西教寺の猿、明智一族の墓などの見どころもたくさんあります。

▼▼関連記事▼▼
明智光秀ゆかりの寺院・西教寺の見どころは?穴太衆の石積みも必見!

西教寺の概要

西教寺の概要は次の通りです。

  • 住所:滋賀県大津市坂本5丁目13番1号
  • 電話番号:077-578-0013
  • 拝観料:500円
  • 御朱印:300円

西教寺への行き方

電車の場合はJR比叡山坂本駅(湖西線)からバスかタクシーが便利ですが、バスは本数が少ないのでご注意ください。
京阪坂本駅からもバスが出ています。京阪坂本駅の近くにはタクシーが常駐していないので、電話をかけて来てもらいます。

車の場合は無料駐車場があります。(紅葉の季節は満車になることがあるので早めに出かけるのがおすすめです)

西教寺の地図

まとめ

西教寺は周辺の日吉大社や比叡山延暦寺など大きな神社・寺院と比べると規模は小さいですが、天台真盛宗の総本山で全国に400以上もの末寺があります。

真盛上人の教えである「不断念仏」が今も続けられ、いつも念仏を唱える声が聞こえます。

また、城作りの職人集団「穴太(あのう)衆」の地元であることから、西教寺にもまるで城のような石積みや石垣があります。
美しい庭園や紅葉など見どころも多い魅力あるお寺です。

明智光秀を偲びながら参拝してみてはいかがでしょうか。

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました