滋賀県大津市にある坂本城は明智光秀が建てた城です。現在は城跡が坂本城址公園になっています。山城ではなく琵琶湖に面した水城ですが、今は何も残っていません。現在は坂本城址公園になっています。

坂本城跡の様子をご紹介します。

スポンサーリンク



坂本城とは

坂本城は織田信長による比叡山焼き討ちの後、1571年(元亀2年)に明智光秀が築城しました。
比叡山の焼き討ちでは光秀がリーダー役として活躍し、その後も信長は比叡山の監視や琵琶湖の水運を確保するために光秀をこの土地に留めおいたと考えられています。

それほどに信長は光秀を信頼していたことがわかります。

また、坂本城は安土城につぐ豪華で立派な城だったと宣教師のルイス・フロイトが記していることからもかなり立派な城だったと推測されます。

坂本城の最後

明智光秀は1582年(天正10年)に本能寺の変を起こし、信長を倒しました。その後、光秀は山崎の戦いで敗れ、山中を逃げながら坂本城を目指しますが、途中で山城の国で襲われ死亡します。

当時、安土城の主となっていた光秀の重臣・明智秀満は光秀の死を知って安土から坂本城に入ったものの羽柴秀吉の軍に囲まれてしまいます。

秀満は坂本城にこもっていた光秀の妻子や自分の妻を殺し、自身も自刃します。このときに城に火を放ったとされていますが、秀吉は丹羽長秀に命じて城を再建させ、後に浅野長政が城主となったようです。

しかし、1586年(天正14年)に大津城が築城され、坂本城は取り壊されたとのことです。坂本城に使われていた資材は大津城築城に再利用されました。

これによって坂本城はわずか15年で廃城となってしまいました。

坂本城の正門は西教寺(滋賀県大津市)の門として移築されています。

坂本城の当時の城下町

坂本城は琵琶湖に面した場所に築城されました。

当時の石垣などは琵琶湖の底に沈んでいると言われ、今でも琵琶湖の水位が下がると石垣の一部が湖岸から見えるそうです。

このあたりの湖水に石垣があるのかも!?
(琵琶湖の向こうに見えるのが三上山(近江富士)です)

琵琶湖

現在、坂本城址公園にある石垣は当時の城のものではないそうですよ。

坂本城址公園にある石垣

このように石垣がありますが、これは当時のものではないようです。

坂本城址公園の石垣

また、城下町がこのあたりに広がっていたと考えられていて、大津市立下阪本小学校の近くには「坂本城 外堀跡」の碑が立っています。

スポンサーリンク



坂本城跡の現在の様子

坂本城の跡地は、現在は「坂本城址公園」になっています。

このように「坂本城址」という石碑があります。

坂本城址

坂本城址公園の概要

坂本城址公園は国道161号線沿いにあります。

  • 住所:滋賀県大津市下阪本3丁目1
  • 入園料:無料
  • 開園時間:常時
  • 駐車場:有り(無料・約10台ほど)

坂本城址公園の様子

現在の坂本城址公園には明智光秀公の像や光秀をしのぶ歌碑などがあります。

ちょっとぽっちゃり体型の光秀像です。
明智光秀像

横から見た光秀像
やっぱりぽっちゃりしていますね^^

明智光秀像
坂本城址公園にある明智光秀公の像

こちらが歌碑ですが、「光秀(おとこ)の意地」という歌で、作詞・祝部禧丸(はふりべよしまる)、作曲:平川竜城、歌:鳥羽一郎によるもので、すぐ近くにあるボタンを押すと歌が聞けます。

坂本城址公園にある光秀の歌碑

公園にはベンチなどがあり、ドライブ途中や営業まわりで休憩をするビジネスマンの姿などが見られました。
地元の人も散策に訪れています。

坂本城址公園
坂本城址公園にあるベンチ

琵琶湖が目の前なので美しい景色も楽しめますよ。

琵琶湖
坂本城址公園から見る琵琶湖

この公園に車を止めて周辺を歩いて当時の坂本城の城下を想像してみるのもいいですね。

坂本城址公園前の道路(歩道)には桔梗の紋が描かれていました。

坂本城址公園前の道路
歩道には桔梗の紋が!

また坂本城址公園には明智光秀の業績を記した碑もあります。光秀は治めた土地での人望が厚いことで有名ですが、この碑からもそれがうがかえますね。

坂本城址公園
明智光秀の業績の碑

国道161号線は交通量が多いところなので、うっかり見落とすと行き過ぎてしまいます。また、歩いて行く場合は国道を渡る際にご注意ください。

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク