NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(明智光秀大博覧会)滋賀院門跡の様子

滋賀院門跡 明智光秀

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は美濃の国(岐阜県)から物語がスタートし、越前(福井県)に入ったところで新型コロナウイルス感染拡大防止のため撮影が休止してしまいました。

歴史をたどるとこの後、光秀は足利義昭の足軽として働き、近江(滋賀県)にやって来て、織田信長に仕えることになります。
(光秀の生涯には諸説あります)

というわけで滋賀県は明智光秀の人生に大きく関わる土地であり、特に大津市坂本一帯は明智光秀が治めていた土地ということでゆかりの場所がたくさんあります。

ドラマ「麒麟がくる」のドラマ館(展示)は岐阜県、京都府内でも開催されていますが、このページでは滋賀県大津市で展開されている明智光秀大博覧会の会場のひとつ「滋賀院門跡」の展示内容についてご紹介します。


スポンサーリンク



▼▼関連記事▼▼
NHK「麒麟がくる」大河ドラマ展(光秀大博覧会)西教寺の内容と様子

「麒麟がくる」(明智光秀大博覧会)の概要

明智光秀大博覧会は次の4会場で開催されていて、ドラマの衣装や小道具などは西教寺の禅明坊(ぜんみょうぼう)で展示されています。他にもこのページでご紹介する滋賀院門跡や大津市歴史博物館でもさまざまな展示が行われています。

  • 西教寺 禅明坊(ぜんみょうぼう)
  • 西教寺 明智光秀公 資料室
  • 滋賀院門跡(しがいんもんぜき)
  • 大津市歴史博物館

「麒麟がくる」ドラマ展の料金

「麒麟がくる」ドラマ展(明智光秀大博覧会)の料金は次のようになっています。

(大人料金)

  • 西教寺 禅明坊(ぜんみょうぼう)……500円
  • 西教寺拝観と明智光秀公 資料室……500円
  • 滋賀院門跡(しがいんもんぜき)……500円
  • 西教寺 禅明坊と資料室の2ヶ所セット……1000円
  • 西教寺 禅明坊・資料室と滋賀院門跡の3ヶ所セット……1200円
  • 大津市歴史博物館……300円

このように各会場をそれぞれを単独で行くと各500円になりますが、滋賀院門跡、西教寺、西教寺(禅明坊)の3ヶ所をセットで購入すると1200円となり、300円もお得になります。

(西教寺資料室の500円には西教寺の拝観料が含まれます。また、滋賀院門跡の500円には滋賀院門跡の拝観料が含まれています。)

また、中学生は禅明坊と西教寺資料室の2ヶ所で600円、小学生は400円です。

スポンサーリンク



「麒麟がくる」(明智光秀大博覧会)がなぜ滋賀院門跡で開催されるのか?

西教寺は明智家の菩提寺であり、光秀の妻・煕子の墓や一族の供養塔があることから、光秀と深い関係があることがわかりますが、ではなぜ滋賀院門跡でも明智光秀大博覧会が開催されるのでしょうか。

それは「滋賀院門跡」を設立した天海という僧が、実は明智光秀だったのではないか、または光秀のいとこ(諸説あり)の左馬之助(秀満)ではないかと言われているからです。

天海大僧正

天海は108歳まで長生きし、徳川家康、秀忠、家光の3代にわたって仕え、江戸の街作りに関わるなど江戸幕府に貢献してきました。

なぞが多くさまざまな逸話がありますが、長生きして徳川幕府に多大な力や知恵を与えたことは間違いがないようです。

滋賀院門跡についてはこちらの記事で詳しくご紹介しております。
▼▼関連記事▼▼
滋賀院門跡には徳川家ゆかりの品が!家康のブレーン・天海は明智光秀・秀満だったという説も!

「麒麟がくる」(明智光秀大博覧会)滋賀院門跡の展示内容

さて、滋賀院門跡での展示内容は、ほとんどがパネル展示になっています。

特にドラマの衣装や小道具、映像が流れる…といったことはありません。

それでも光秀やそのまわりの人物に関する資料が歴史がわかりやすく展示されています。

もちろん滋賀院門跡の拝観もできるので、ゆっくりと時間をかけて拝観してみてください。

まず最初に不滅の法灯が!!

滋賀院門跡の受付で拝観料を納めると、展示スペースに進みますが、まずそこに展示されていたのが比叡山延暦寺にある不滅の法灯でした。

不滅の法灯

延暦寺でも不滅の法灯はずっと絶やさずに灯りをともしていますが、こちらはその分灯だそうです。
同じ灯りをいただいて、ここでもともしているのだとか。

滋賀院は明治11年の火災で全焼しましたが、比叡山延暦寺の山の上にあった建物を移築し、再建したものです。それだけ延暦寺とは深い関係があるのですね。

展示パネルの数々

展示パネルには明智光秀の、特に延暦寺焼き討ちや坂本城に関する説明が多くありました。

明智光秀に関するパネル

滋賀院門跡 展示

比叡山延暦寺と滋賀院門跡に関するパネル

滋賀院門跡

当時の坂本の地図

滋賀院門跡 展示

パネルを一通り見た後は滋賀院門跡の中を拝観してくださいね。

天海大僧正の鎧や徳川家より拝領した文箱(ふばこ)、小堀遠州作の庭園もありますよ。

こちらは拝観料を払うといただける滋賀院門跡のパンフレットです。

滋賀院門跡 パンフレット

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました