浮御堂(滋賀県大津市)近く【嶋屋のいちご大福】は大きないちごで食べ応えあり

嶋屋いちご大福 近江八景

近江八景のひとつ浮御堂(うきみどう)(滋賀県大津市)にお参りした後におすすめなのが「嶋屋」のいちご大福です。毎年11月ごろから4月中旬までの期間限定で販売されています。

中のいちごが大きくて食べ応えがあります。賞味期限は販売日当日だけなので、遠方への発送はできませんが、家族や職場(当日食べられる場合のみ)のおみやげに喜ばれますよ。

スポンサーリンク



嶋屋とは

嶋屋は昭和60年(1985年)に滋賀県大津市堅田で創業した和菓子店です。滋賀県にある比良山の地下水を使って、ひとつひとつ手づくりで作っておられます。

いちご大福のほかにシャインマスカットを使ったぶどう大福やアメリカンチェリー大福などのフルーツ大福、豆大福、栗大福など季節の商品がいろいろあります。他にも日持ちがする和菓子の販売も行っています。

こういった自然素材のものを使っているからか、嶋屋さんは日本の奥山保全や自然林を保護する活動にも力を入れておられるそうです。

全国菓子博覧会で数々の受賞

嶋屋さんは全国菓子博覧会の名誉会長賞(栗入でっち羊かん)や名誉総裁賞(いちご大福)、茶道家元賞(一休み)などを受賞しています。

嶋屋の浮御堂支店

嶋屋は本店(滋賀県大津市本堅田5丁目6-54)と浮御堂支店(滋賀県大津市本堅田1丁目21-22)があります。

私が行ったのは浮御堂支店でした。

嶋屋 浮御堂支店

浮御堂を参拝し、そのまま歩いて行けます。
(車は浮御堂の駐車場に止めたまま)

スポンサーリンク



嶋屋のいちご大福の中身がすごい!

さて、本題の「いちご大福」ですが、中のいちごが大粒でビックリしてしまいます。

コンビニやスーパーでも売っているいちご大福と並べてみました。厚みがある方が嶋屋のいちご大福ですよ。

いちご大福 比較

こちらは上から見た画像。白い方が嶋屋のいちご大福、ピンク色がコンビニで買ったいちご大福です。
いちご大福比較

上から見ると大きさ(直径)は変わりませんが、高さを比較するとこんなに違います。

いちご大福比較

切ってみると、さらにビックリ!
(市販の方は切るといちごがつぶれてしまいました)

いちご大福比較

中のいちごを測ったら約4㎝ほどもありました。(メジャーはいちごや餅には触れないように測っています)

嶋屋のいちご大福

1個のお値段が290円というのも納得です。

周囲の白あんといちごの甘酸っぱさがうまくマッチして、本当においしかったです。外側の餅は「滋賀羽二重もち」だそうです。

いちごの入手が困難になると販売終了

嶋屋ではこのいちご大福に合ういちごが入手できる期間だけ販売しているのだとか。そのため、いちごが入らなくなったら販売終了です。

嶋屋のいちご大福

毎年販売期間が異なるため、店舗の公式サイトでご確認ください。

嶋屋のいちご大福~まとめ

嶋屋は大津市堅田にある和菓子店で、ひとつひとつ手つくりの商品を販売しています。
特に大粒のいちごが入った「いちご大福」が人気です。

いちご大福は1個290円(税込)で賞味期限は販売当日限りです。また、販売数量は手づくりのため個数限定です。お客様の中には20個、30個とまとめて買っていく人もいるので、売り切れないうちに早めに行かれることをおすすめします。

なお、製造は嶋屋の本店で行っているそうです。事前にまとまった数が必要という場合は予約されるといいですよ。
嶋屋 公式サイト

嶋屋 本店

  • 住所:滋賀県大津市本堅田5丁目6-54
  • 電話番号:077-573-4620
  • 営業時間:8:00~18:00
  • 定休日:月曜日

本店の地図

嶋屋 浮御堂支店

浮御堂支店には喫茶コーナーもあり、お茶と和菓子がいただけます。

  • 住所:滋賀県大津市本堅田1丁目21-22
  • 電話番号:077-574-3791
  • 営業時間:9:30~17:00
  • 定休日:火曜日

浮御堂支店の地図

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました