2019年秋から始まるNHK朝ドラ「スカーレット」のロケは滋賀県甲賀市信楽町で今も使われている「登り窯」のある陶器会社「宗陶苑(そうとうえん)」で行われました。

江戸時代に造られたという登り窯は全部で11室あり、日本でも最大級のものだとか。今も年に2回ほど火を入れて焼き上げています。

事務所に声をかければ誰でも気軽に無料で見学ができますよ。先日、登り窯を見学させてもらったので、その様子をレポートします。
(ここでのドラマのロケはすでに終了しています。見学はドラマのロケではなく、登り窯だけです)

登り窯とは

登り窯とは山の斜面に焼物を入れる部屋のような穴をいくつも作り、入口の窯から薪(まき)にする木材を入れて火を焚いてその熱で焼き上げるものです。

このようなイメージです↓

(宗陶苑のパンフレットより)

こちらは別の窯元の登り窯の説明の図をお借りしました(写真撮影の許可を得ています)

このようにいくつもの部屋があり、それぞれの部屋に焼きたいものを入れていきます。

登り窯の温度は1000℃以上

登り窯の温度は1200℃~1300℃くらいになります。
(宗陶苑のパンフレットより)

ドラマ「スカーレット」ではドラマ用の窯を作成

NHKのドラマ「スカーレット」では、撮影用にわざわざ本物の窯を作ったそうです。

登り窯のような大きなものではありませんが、本当に火を入れて1300℃近くになったようですよ。その模様をNHKの予告でやっていましたが、窯の前に立つとものすごい熱気があるようですね。

「スカーレット」のロケが行われたのぼり窯

では、ドラマ「スカーレット」のロケに使われた登り窯をご紹介します。
正面から見ると、このような穴が開いています。これを「焚口」と呼びます。

ここから薪(まき)を入れて焼いていきます。薪は赤松が使われることが多いのですが、赤松には樹脂が多く含まれていて、火力が強いことがその理由です。
今の時期はお休みの期間なのでこのように白いですが、2月と8月には火が入ります。

窯の周囲には多くの薪(まき)

窯の周囲には多くの薪が積み上げられています。

そして、横に回ると段々に上に窯が上がるように作られていることがわかります。山の斜面を利用しているという証しですね。

上から見下ろした様子。イモムシのようにも見えますね。

火や熱が通る穴

登り窯の各部屋の下部には、このように穴がいくつも開いています。これは熱や火が通るものです。
(この画像は別の登り窯の内部を撮影させてもらったものです。)

また、登り窯のサイド側にも穴が開いていて、ここから中の様子を見たり、薪を足したりします。

登り窯を外部の上から見るとこのようになっています。本当に山の斜面なんだなということがわかります。

今でも使われている登り窯

宗陶苑の登り窯は今でも使われていて、2月と8月に火が入ります。

作業場には多くの道具や作品が無造作に置かれています。

倉庫の内部

登り窯の工程

登り窯で信楽焼きができるまでには、多くの工程を経ています。

  1. 登り窯の中に棚を作って、これから焼く作品を並べる……40日
  2. 窯に火を入れて焼く……7昼夜~10昼夜
  3. 窯をさます……3日
  4. 窯出し……焼き上がった作品を取り出す 
  5. 窯の補修

窯の中に棚を組んで作品を並べるだけでも1ヶ月以上かかるとは驚きですね!

窯は奥の部屋になるほど天井が高く、大きくなっていきます。

そのため、窯口に近い部屋には茶碗や小皿などの小さなものを入れ、次第に大きなものを入れていきます。一番奥の大きい部屋には大型のつぼやたぬきなどを入れます。

並べる手間はかかりますが、一度に多くのものを焼けるというメリットがあります。

現在は使われていない登り窯も

信楽町には他にもいくつかの登り窯がありますが、煙の害などから現在では使われていません。

信楽町内でも宗陶苑の登り窯だけが使われているそうです。

宗陶苑は広い敷地で、小高い丘の上にあるため、他の窯のようにご近所に煙の害などで気を使わなくても良かったという点が幸いしかのかも知れませんね。

広い敷地と古い建物がロケ地にぴったり

この宗陶苑は実際に使われている登り窯であり、日本でも最大規模、江戸時代から使われているという歴史あるものです。

また、敷地が広いこと、作業されている建物もちょっと古い感じで、それが終戦直後というドラマの時代背景にもぴったりです。

少し高いところから見た敷地です。ここでロケが行われたのですね。

こちらは陶芸教室ですが、いい感じの古さです。

宗陶苑の人もエキストラでドラマに登場!?

宗陶苑の職人さんやスタッフの方もエキストラとしてドラマ「スカーレット」に登場される(かも知れない)とのことです。

どこで出演されるのか、楽しみです。

宗陶苑の登り窯の見学方法

もうロケは終わっていますが、実際にドラマにも使われた登り窯は宗陶苑さんに申し出れば見学できます。

事前に電話でお願いする他、直接事務所に行って「見学してもいいですか?」と聞けばOKです。

宗陶苑の事務所は広い駐車場の前にあります。

写真撮影もOKですが、無断での見学や無断での撮影は禁止されています。

職人さんに声をかけないのがルール

宗陶苑さんに限らないことですが、こういった窯元や作業場を見学させてもらう場合は職人さんに質問したり、声をかけたりすることはNGです。

職人さんは納期のある仕事をされています。声をかけると気が散りますし、作業の手を止めなければなりません。それは遠慮しておきましょう。

拡大図

説明は予約してから

どの窯元でもそう多くのスタッフを抱えているわけではありません。

見学は自由ですが、説明を希望する場合は事前に予約なり、お願いの電話をするなりしておきましょう。

特に宗陶苑さんは修学旅行や団体のツアーも多く訪問されます。陶芸教室と説明をセットでされることもあるため、時間が取れないことがあるのです。

私がうかがったときは陶芸体験を予約し、見学もさせていただきました。というか、陶芸教室の部屋に行く途中に登り窯があるので、「窯の横の道を上がって行ってください」と言われました。

なので、自由に見ることはできます。が、お忙しそうだったので説明はしてもらっていません。また機会があれば、くわしくお聞きしたいなと思っています。

登り窯は一見の価値あり!

ドラマのロケに使われたというだけでなく、信楽の陶芸を見る上でも、ぜひ登り窯は一度は見ておくといいと思いますよ。

宗陶苑さんの登り窯は歴史もあるものだけに一見の価値ありです。

ただ、職人さんが少なくなってきているとおっしゃっていたのが心配です。長く続いてほしいな~と思っています。

宗陶苑の登り窯見学申し込み方法

宗陶苑の登り窯見学や陶芸教室はこちらから申し込みできます。
宗陶苑(そうとうえん) 公式ホームページ
電話番号: 050-3391-4354
住所:滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13

地図

最後はこちらで記念撮影を!

(当サイトに掲載の画像の無断使用はお断りしています)


スポンサーリンク