滋賀県大津市にある立木観音は800段ほどある石段を上がったところにあります。弘法大師(空海)が42歳のときに開いたと言われます。立木観音の駐車場と石段の様子をご紹介します。

スポンサーリンク



立木観音(滋賀県大津市)とは

滋賀県大津市にある立木観音は今から1200年ほど前に弘法大師が全国をまわっていたときに、大津市の瀬田川の近くまで来たときに光を放つ木(霊木)を見つけました。

そこに白い鹿が現れて大師を乗せて霊木の前まで行くと、白鹿は観音菩薩に姿を変えたそうです。

そのとき弘法大師は42歳の厄年だったので、自分だけでなく人々を災厄や病いから救ってほしいと心願を立てたのがきっかけで立木観音ができたということです。

立木観音の駐車場

立木観音には車で行くのが便利です。
石段に向かう道路沿い(瀬田川沿い)に無料駐車場があり、50台ほど止められます。
また、年末年始~2月中までの参拝客が多い時期は、少し離れたところにも駐車場が設けられます。

立木観音MAP

こちらが実際の駐車場の様子です。

立木観音駐車場

石段の上から見た駐車場
道路沿い(瀬田川沿い)にあります。

立木観音駐車場

スポンサーリンク



立木観音の石段

立木観音は立木山の上に本堂があり、そこまでは800段あまりの石段を上がる必要があります。

駐車場から道路を渡って石段口に

まず駐車場(駐車場の端にバス停もあります)から道路を渡って石段の上がり口まで行きます。

立木観音 駐車場

上がり口に手水があるので浄めます。

立木観音 手水

なお、境内にも手水があるので、ここでできなくても問題はありません。

石段はくねくねと曲がりながら上がりますが、手すりがあるのでゆっくり上がれば30分ほどで境内(本堂)に着きます。

立木観音 石段

基本的に石段は左側通行です。

石段の途中に弘法大師の像

石段の途中に弘法大師の像があるので、ここでご挨拶をします。

立木観音 弘法大師像

石段のあちこちにある歌碑

石段の途中、あちこちに歌碑が建っています。

立木観音 歌碑

これをながめながらぼちぼち上がっていきましょう。

立木観音 石段

境内に入る前に一礼

この鳥居のようなものが見えたら、もうすぐ頂上です。
境内に入る前にこちらで一礼をしましょう。

立木観音 石段

立木観音の石段は高齢者や子どもでも大丈夫?

立木観音の石段は800段あまりあり、傾斜もあるので若い人でもきついと感じます。
特に運動不足の人にはこたえるかも知れません。

そこで気になるのがシニアの方や小さなお子様です。

私が行ったときの様子では、結構ご高齢の方も上がっておられました。
中には杖をつきながら…という方もおられましたが、ゆっくりとご自身のペースで行けば大丈夫だと思います。

また、小学校低学年や幼児も自分の足で歩いていました。

中には乳児を抱っこしたパパやママもいます。

とは言っても、それぞれの体調によっては大変だと感じるので、決して無理はなさらないようにしてくださいね。

立木観音のお堂には車では行けない

立木観音のお堂に参拝するには、この長い石段を上がる方法しかありません。
車で上がる道がないので、車イスの方や足が悪い方、体調が悪い方はちょっと難しいでしょう。

どなたか代理の方にお参りしてもらって、お守りなどをいただいてもらうのがいいと思います。

立木観音の石段を降りるときの注意

参拝を終えたら石段を左側通行で降りていきます。

立木観音 石段

上から見た石段の様子です。

傾斜があるので、転ばないようにゆっくりと踏みしめるように降りていきましょう。

立木観音のコロナ対策

立木観音ではマスク着用での参拝をお願いしています。

また、受付の時間は平日、休日ともに9時~15時となっています。

石段の手すりの消毒はされていないので、各自で注意して参拝してください…とのことです。

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク