2019年秋から放送されているNHK朝ドラ「スカーレット」で主人公の喜美子(戸田恵梨香さん)の夫役を演じる松下洸平さんをゲストに招いてのトークショーが2019年12月14日、ドラマの舞台甲賀市水口町で開催されました。

事前にNHKの地元の番組で告知をされていて、メールで応募したところ、当選!
どんな感じだったのか、ご紹介します。

スポンサーリンク



会場は滋賀県甲賀市水口町の「あいこうか市民ホール」です。
こちらは当選ハガキ↓
当選ハガキ

当選ハガキに番号が打ってあり、番号順に入場。自由席なので、若い番号の人ほど早く入れて、いい席をゲットされていました。
番号は460番まであるようなので、少なくとも460人はいらしていたと思います。
いえいえ、1枚のハガキで2人入れるので、もっと多いですね。
報道では約600人が参加したそうです

1週間の「スカーレット」を振り返るパブリックビューイング

トークショーの前半は12月9日から14日までの朝ドラを一気に放映するパブリックビューイング。

この週は松下さん演じる八郎が川原家に結婚の許しを得るために日参するというお話で、お父さんの「夢だけでは食べていけない」という気持ちと娘には幸せになってほしいという気持ちがよく伝わりました。

1話ごとに主題歌が入るので、そのつどざわめきが起こったり、笑うところでは会場から笑い声が起こったり。
なごやかな雰囲気でした。

八郎役の松下洸平さんのトークショー

2部は八郎役の松下洸平さんと番組プロデューサーの方がゲストで、司会をNHK大阪放送局のアナウンサーさんが務めてのトークショーでした。

松下洸平さんのパネル
こちらは会場前にあった松下洸平さんのパネル

とても楽しいお話で、松下さんのまじめで誠実、とても努力家の一面がうかがえました。
一部をご紹介します。

松下洸平さんを「スカーレット」ヒロイン相手役に起用したきっかけは?

プロデューサーさんいわく「フレッシュな人を探していた」とのこと。
松下さんのことは4年前に舞台でのお芝居を見て印象に残っていた。
今回、「スカーレット」の制作を担当することになり、ヒロインの相手役に「そうだ!松下さん!」と思い出して、NHK大阪放送局に来ていただいて、何の役とは伝えずに軽くセリフを読んでもらった。

その後、滋賀県の琵琶湖ホールに出演されていた松下さんのお芝居を見に行って決めたそうです。

NHKのスタッフが舞台を見に来ていることは知っていたけれど、そのとき、松下さんは
「その舞台には富田靖子さんもご一緒で、富田さんの方が先に朝ドラの出演者として発表されていたので、なんだ、自分ではなく富田さんを見に来たのか…」と思っていたそうです。

でも、スタッフの皆さんはちゃんと松下さんを見に来ていたということですね。

スポンサーリンク



松下洸平さんは努力の人

実は松下さんは何度もNHK朝ドラのオーディションに応募していたのだとか。
でも、毎回落選していたそうです。

俳優はすでに10年のキャリアがあり、映画やドラマ、舞台などで活躍されています。
オーディションに落ちるたびに「もっと経験を積んで、再チャレンジしよう」と思ってきたそうですよ。

今回、起用が決まってからは時間を見つけては陶芸教室に通って、作陶に取り組んでおられます。
美術系の学校出身で、ご自身は油絵を勉強したそうですが、学校には陶芸科もあり、陶芸にも親しんできたそうです。
左利きなのに右手で作陶する様子にも頭が下がります。

また、東京出身ですが、自然な関西弁を話せるように相当練習したと話しておられました。

このようなお話を聞くと、本当に努力家な人なのだな~と思いました。

トークが盛り上がり時間オーバー!

松下洸平さんが司会者の質問にとてもていねいに誠実にお答えされたり、途中で「そのシーンはこちら」と画面で映し出されたりしたので、終了時間が予定よりオーバーしてしまいました。

司会の方が「時間がオーバーしてすみません」と謝罪されたところ、会場からは
「ええよ~」
という声が!

そんなところもとても温かく、なごやかな会でした。

朝ドラ「スカーレット」はこれからも楽しみ!

最後にこれからの「スカーレット」の見どころを紹介されました。

朝ドラ「スカーレット」
これも会場前にあったパネル

まだここでは書けませんが、ますますおもしろくなりそうですよ。
戸田恵梨香さんパネル

朝ドラ「スカーレット」トークショーin甲賀市の様子をご紹介しました。

▼こちらの記事もどうぞ▼
2019年後期NHK朝ドラ「スカーレット」の意味は?どんな色?写真で説明!

当サイトに掲載の画像の著作権は当サイト管理人にあります。画像の無断使用はお断りしています

スポンサーリンク