2019年はイノシシ年
滋賀県蒲生郡日野町にある綿向(わたむき)神社にはイノシシの像があり、テレビなどでも紹介されています。
正式名称は「馬見岡綿向(うまみおかわたむき)神社」と言います。

神社はもともとは545年に綿向山の頂上に祠(ほこら)を建てたのが始まりで、796年(平安時代)に現在の場所に移転されたそうです。

日野町は蒲生氏の一族が治めていましたが、綿向神社を氏神として熱心に参拝し、庇護したほか、近江商人が豊かな財力で神社を支えました。

なぜ綿向神社にイノシシが?

綿向神社になぜイノシシの像があるのでしょうか。

神社の由来によると、545年、蒲生野の豪族2人が綿向山に狩りに出かけました。4月(現在の5月)だったのに、急に吹雪と風が起こります。2人はしばらく岩かげで休んでいると、雪は止みました。積もった雪には大きなイノシシの足跡があります。

その足跡をたどっていくと山頂に導かれ、綿向大神様の化身として現れた白髪の老人に出会います。
「この山の頂(いただき)に祠を建てて祀るように」と言われ、社殿を建てたのが綿向神社の始まりです。

それ以来、綿向神社ではイノシシを神様の使いとしているとのことです。

イノシシ年だけ登場する絵馬

絵馬は祈願したいことを心を込めて記入して祈願所に納めるものです。
学問の神様の菅原道真を祀る天満宮では受験祈願や合格祈願を書いて納めます。
絵馬の絵柄は神社によってさまざまですが、綿向神社はイノシシ年だけの絵柄の絵馬があります。

イノシシ年だけ登場する絵馬

次に登場するのは12年後なので、この機会を逃がさずに祈願してみてはいかがでしょうか

参拝経路にもありがたいイノシシの像が!

綿向神社には参拝経路が記されているので、その通りに参拝していきます。
本殿の裏側にもイノシシの像がありますよ。

綿向神社の参拝経路

参拝経路をご紹介します。

1:手水で手を口を清めます。
この神社の手水はひしゃくですくうのではなく、流れる水を直接手で受けるタイプです。

2:まずは本殿を参拝します。
参拝は二拝二拍手一拝してから手を合わせます。

綿向神社の本殿

3:矢印の通り進む
本殿の横に矢印があるので、その通りに進みます。

参拝経路

4:撫でイノシシ
ちょうど本殿の後ろ側に撫でイノシシの像があります。

撫でイノシシ

撫でるとご利益があるそうですよ。

撫でイノシシ

5:神様のもっとも近い裏参り
本殿のま後ろにも参拝する場所があります。
「神様にもっとも近い裏参り」と書かれています。

裏参り

たしかに神様にもっとも近い場所ですね。

6:神社の行事を見学
神社の年間行事が表示されています。
それを見ながら進むと神社をグルっと一周します。

神社の年間行事

7:イノシシの像
本殿の右側にイノシシの像があります。

綿向神社のアクセスと駐車場

綿向神社は今まであまり積極的にアピールしてこなかったそうです。

その理由は駐車場が少なかったからだとか

ただ、ここは公共の交通機関ではちょっと不便な場所にあります。自動車が便利なのですが、近江鉄道 日野駅からバスも出ています。本数が少ないので、事前にご確認ください。

住所
滋賀県蒲生郡日野町村井705

地図

アクセス
●名神八日市ICより、R421→R307→R477を経て約20分
●名神蒲生スマートICより、R477を経て約15分
●新名神甲賀土山ICより、R1→R307→R477を経て約20分

綿向神社の駐車場

綿向神社は駐車スペースが少なかったのですが、2019年はイノシシ年ということで駐車場を整備し、観光バスも複数台駐車できるようにしました

私が参拝したときも観光バスが何台か来ていました。

自動車でも安心して参拝できますよ。